トップページ >>施術の流れ

Process 施術の流れ

事前の検査

患者さんの状態を正確に判断しカイロプラクティックの適応、禁忌の判断をして、施術方法を決定するために行います。施術する方のテクニックや方針により、様々な検査方法がありますが、主に次のような検査を行います。

1.問診
2.整形外科的検査
3.姿勢検査
4.触診(静的触診、動的触診)
5.C-3000コンピュータサーモグラフィー
6.医師の協力によるレントゲン写真の撮影

カイロプラクティック的診断法

検査から得られた情報を元にして、患者さんの主訴や症状と関係のある関節(分節)を触診し、適切なリスティングを決定します。

※リスティング=関節間や椎骨分節の動きの異常や方向を三次元的に記号で表したものです。このリスティングを決定することによって、カイロプラクティック独自の手技であるアジャストメント(椎骨の調整)の対象が決定します。

カイロプラクティックの施術方法

検査により矯正するべき椎骨が決定したならば、その患者さんにあった矯正方法により矯正を行います。矯正する椎骨を最小限に限定しておこなうので、矯正のための時間は数分で終了します。矯正後は安静にしてもらいます。

1.初期集中治療
患者さんの症状をとることを主眼において、サブラクセイション(神経圧迫)を起こしている椎骨を矯正いたします。期間の目安としては、1週間に3~4回で、4週間となります。

2.構造を正常にする時期
レントゲンによる診察を行い、体の構造・骨組みを正常にすることを主眼とします。期間の目安としては、1~2週間に1回の間隔で、人によりかかる期間は異なります。

3.予防期
病気にならないため、予防として、定期的に矯正を行います。期間の目安としては、1~3ヶ月に1回で、一生涯となります。       

Copyright(c) 2011 ら・ぽーる整体院. All Rights Reserved.